「Sweet Memories 」

願いを込めて書いた先の記事ですが、そのタイトル "来たれ!! 太陽の人" にぴったりなM.Nさんが来てくれました。

小柄な身でありながらも介護のプロフェッショナルとして、施設ご利用の方を支えます。

現場で活躍する方の多くが腰痛を患うなかで、Mさんは一度として経験したことがないという。

いつも笑顔で忙しそうな姿から想像できるのは、徹底した自己管理とたゆまぬ努力を続ける姿です。

見る目を持たない人からすれば誤解されそうな発言も、自分自身を知っているからこそできる独自の表現に愛はあるのです。

( °O °;)本日、還暦を迎えたことをお聞きして…

シニア料金とは呼び名を代えた "大人料金" を提唱するわが店としては、しっかり身分証明をみせてもらいたくなるほど若さをもったお方です。

若さとは…

こころ次第で持続できるもの。

そこには前向きで、絶えず努力工夫を欠かさないやさしい姿があった。

スポンサーサイト

「Sweet Memories」

2002年3月31日
75年という歴史を経て、閉園した向ヶ丘遊園です。

大好きだったのは、高台にあったメルヘンチックなバルーンファンタジア。

照明をつけてまわる姿が今でも記憶に残ります。

おばけ屋敷は恐かったけど…

ブースカにはあいたい!!


なつ美さんより。

「EarlyTimes」~スイートメモリーズ(男性編)~

サッカー選手になることが夢だった。

名門チーム川内FCで揉まれ、上を目指して必死に頑張っていた頃…

あこがれた選手にはなれませんでしたが、現在の自分を支えているのは間違いなく、あの時があったから。



福本雄大さんより。 (前列真ん中の方)


★「Sweet Memories」詳細は、オフィシャルHP"お知らせ"をクリック!!

http://www.dan-b.com/aosora/

「Sweet Memories」

保母さんをしていたあの頃…

仕事の事だけを考えて夢中で突っ走っていた。

それ以外の幸せも得たから、それだけでは済まされなくなり、不器用さを理由に仕事に対しては、真正面から向き合うことなく成り行き任せできました。

そして、二十年が経ち…

自業自得とはいえ、いまだ悪足掻きしている私です。


プリティチィさんより。

「Sweet Memories」

"Soul love"…今、その答えが出ようとしている。

家庭環境が複雑となるなかで、44才の時に心理学を学んだ彼女は、長年築きあげてきたものに見切りをつけ、50才を迎えた時にカナダ人である現在のパートナーと再婚した。

理想とした生活も現実は厳しく、生きるために慣れない仕事も経験しながら支え合ってきた。

大病を患ったことから絆を深め、こころからお互いを理解しあえたという…

自らの体験をもとにエッセイを書き始めた平井美江子さん。

最近、彼女が書いた絵本を頂きました。




(^ー^)あおぞら施療室に置かせてもらってます。
プロフィール

ULTRA魂

Author:ULTRA魂
来る高齢化社会の本格化を前に元気な大人を増やそうと日々、奮闘中!! インターネットを通じて、イベントを季節ごとに開催。!(^^)!ご参加お気軽に。

最新記事
最新コメント
ランキングバナー
クチコミ
Facebook
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
118位
アクセスランキングを見る>>
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

AD
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
カウンター
フォローME
キャラクターグッズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR