FC2ブログ
















世界から核兵器をなくそうと、開催された原水爆禁止世界大会へ加わることのできた私は、昨日行われた平和コンサートでの報告をもちまして、一応の役目を終えました。

7月の平和行進からはじまって、8月には念願だった広島へついに行くことができたのです。

同じく参加した小学生の作文は、ピュアな気持ちを表わす実にこころ暖まる内容でした。

年齢を重ね、その経験から知らぬ間に大切なものをなくしてしまった大人たちの色褪せたこころに灯を燈すような感覚とでもいいましょうか。

この感覚こそが、忘れることなく持続させてゆきたいものなのです。

なにを焦っているのか、なぜ、そこまで悩むのか過去を振り返った時に答えは見えてきます。

少年のような他を思いやる心があれば、いつか垣根は取り払われるのかもしれません。

恒久平和な世界・・・いつか、必ず実現しますように。




にほんブログ村 リラクゼーション
スポンサーサイト
2010.10.11 Mon l 広島 l コメント (0) l top
















世界から核兵器をなくそうと、開催された原水爆禁止世界大会へ加わることのできた私は、昨日行われた平和コンサートでの報告をもちまして、一応の役目を終えました。

7月の平和行進からはじまって、8月には念願だった広島へついに行くことができたのです。

同じく参加した小学生の作文は、ピュアな気持ちを表わす実にこころ暖まる内容でした。

年齢を重ね、その経験から知らぬ間に大切なものをなくしてしまった大人たちの色褪せたこころに灯を燈すような感覚とでもいいましょうか。

この感覚こそが、忘れることなく持続させてゆきたいものなのです。

なにを焦っているのか、なぜ、そこまで悩むのか過去を振り返った時に答えは見えてきます。

少年のような他を思いやる心があれば、いつか垣根は取り払われるのかもしれません。

恒久平和な世界・・・いつか、必ず実現しますように。




にほんブログ村 リラクゼーション
2010.10.11 Mon l 広島 l コメント (0) l top
人前で恥もなく、不平不満をいっては争う姿を何度もみた。

こころのどこかで見返りを期待していたのか、提供されたものは好意とは違う、別のものでした。

家族や恋人でもいい、わだかまりなく無償の愛を与えられたことはあるだろうか…

自分自身に問いかけてみることから、その人はみえてきます。

先日、小学3年までを家族と過ごした懐かしい場所へ行く機会に恵まれた。

嬉しいことに、その家は当時のまま残されていたのです。

いわゆる後継ぎでなかった父は、自らが道を拓いてはたくさんの想い出を残してくれた。

映画「異人たちとの夏」をみて、改めて確認することができました。

暖かな家庭は一生の想い出であり、自分にとってはいちばんの財産です。

我が子をどんなことがあっても守りたい。

絶望から再建した広島の街には、つよい想いが残されていて、命をつないでゆくことの大切さを学ばせていただきました。

八月も終わろうとしています。

今年の夏は、なぜか"暑い"という言葉を口にすることができませんでした。


合掌。





2010.08.28 Sat l 広島 l コメント (0) l top
人前で恥もなく、不平不満をいっては争う姿を何度もみた。

こころのどこかで見返りを期待していたのか、提供されたものは好意とは違う、別のものでした。

家族や恋人でもいい、わだかまりなく無償の愛を与えられたことはあるだろうか…

自分自身に問いかけてみることから、その人はみえてきます。

先日、小学3年までを家族と過ごした懐かしい場所へ行く機会に恵まれた。

嬉しいことに、その家は当時のまま残されていたのです。

いわゆる後継ぎでなかった父は、自らが道を拓いてはたくさんの想い出を残してくれた。

映画「異人たちとの夏」をみて、改めて確認することができました。

暖かな家庭は一生の想い出であり、自分にとってはいちばんの財産です。

我が子をどんなことがあっても守りたい。

絶望から再建した広島の街には、つよい想いが残されていて、命をつないでゆくことの大切さを学ばせていただきました。

八月も終わろうとしています。

今年の夏は、なぜか"暑い"という言葉を口にすることができませんでした。


合掌。





2010.08.28 Sat l 広島 l コメント (0) l top
















被爆してから10年経って、白血病を患った佐々木禎子さんは12才で亡くなりました。

千羽折れば元気になる。と信じて折り続けた鶴は、平和の象徴として世界に広がっています。




禎子さんが生きた4675日


















にほんブログ村 リラクゼーション
2010.08.27 Fri l 広島 l コメント (0) l top