FC2ブログ
昨日、ドン底状態にある長男の学習面をサポートしてくださるYさんがお見えになった。スタート前に当人と面談し現在の状況を把握しておきたいというのがその理由です。

普通に考えれば、現在の私どもでは決して教えてもらえることのできないレベルにある方です。

私自身やれることはやってきたけれど、既に限界を感じていた。この先本当にどうすればいいのか悩んでいた時に救いの手を差しのべて頂いたのです。

少ない人生経験のなかで、今まで大きな意味のある出逢いのなかった彼にとって、その深くこと細かなレクチャーは衝撃的だったらしく、息子のあんな真剣な顔をみたのははじめてのことでした。

その熱い想いと言葉の表現に隣の部屋にいた私までもが感動してしまいました。

まだ、何色にも染まってない、どちらにも偏ってない彼の人格が作られていく上で貴重な体験となるはずです。

私の施術があなたのその深く尊いレクチャーと果たして同等なものであるのか自分ではジャッジできませんが、現在(いま)できる限りのことを全身全霊をもって臨むつもりでおります。

よろしくお願い致します。
2008.08.20 Wed l 家族 l コメント (0) l top
いつの頃からか、施術のなかである手技を使うと手首が抜けるようになってしまった。以来、リストバンドは欠かせないものとなっております。

こころのなかでは、自分の身体を泣かせても人に尽くせることをすこしだけ、誇りに思っています。

この夏に筋トレをしすぎたせいか肘も痛いし、昔痛めた右膝も不安…。


癒されたい…


信頼のおける方に身体を預け、全体のケアをお願いできたなら…

もし、こんな心境の方から当室が選ばれたのなら…それは最高の喜びです。
技術的にはまだまだ未熟な身ではありますが、その時にできる最高なものを提供して挑んでいます。

その人を想うつよい気持ちがあれば、技術をも上回ることだって有りうる。

最後はスピリチュアルな世界をも信じる私の持論でした。
2008.08.19 Tue l スピリチュアル l コメント (0) l top
昨日は、途中意識が飛ぶほど忙しく仕事ができました。

ありがたいことです。

本日、午前中に見えたYさんは80代の女性。施術半分、おしゃべり半分を楽しみにいつもご利用頂いています。

まだまだ、あるはずの役割を自分で終えてしまっている方の言葉には前向きなものがみえてこない…。

そんな多くの大人たちをもう一度、輝かせることができたなら…


幅広い世代から支持され、人々に感動を与えるエンターテイメント的要素も取り入れたサロンが創りたい。

ひとりでこなす現場、営業、広報、経営は大変だけど、協力してくれる心強い助けもある。

必ずや実現させたい。笑顔あふれる、これでもか!…っていうくらいの明るい町を目標に…。
2008.08.17 Sun l l コメント (0) l top
結局、今年も迎えも送りにも行けなかったお盆でした。

八月半ばの終戦記念日(15日)を過ぎれば季節は一気に秋に近づいていく。

読みかけの「蝉しぐれ」もまた、来年以降に持ち越されそう。

九月はお彼岸か…。

そう。季節は巡り巡っているのだ。一瞬にして過ぎようとしている今年の夏も、いろいろなことがあった。後に想いを巡らせる時もあるだろう。

願いは今、身のまわりにいる人たちとの繋がりがその時も継続していてくれること。

つよく願っています。
2008.08.16 Sat l 想い l コメント (0) l top
休みをとってお墓参りに行こうとしていた13日に、施術させて頂いた95歳になるMさんのお母さんのことが今もつよく印象に残っている。

それだけ、私にとっては貴重な体験だったわけで、想像もしていなかったお気遣いを頂いたことや「聞く姿勢」をもたない現代人が怒鳴り合うようにする会話とは次元の違う自然なテンションで成立する会話。

こんな言い方は失礼かもしれないけれど、「聞く姿勢」をもっていれば、例え聞き取れなかったとしても、その経験から返ってくる言葉を想像して聞き返すことなく、会話を成立させることも可能なのではないか…そんな考えさえもってしまったほどスムーズ゛な流れだった。

痛いと言われていた足を30分間気持ちを込めてひたすらさすっていた。そんな想いがしっかり届いてくれたのか今とても気になっている。


結局、今年の夏もお墓参りには行けなかったけど、行こうとしていたその日に体験したこの出来事は、かなり意味のあるものとして受け止めています。

今まで同様、これからもひとりひとりとしっかり向き合い、きちんとした仕事を続けていくつもり。

もちろん、魂(こころ)を込めて…。
2008.08.15 Fri l あこがれ l コメント (0) l top
以前、会社勤めをしていた頃、ある得意先でどんなことがきっかけだったのかは忘れたのですが、「自分は立派な社員ではなく、立派な人間を目指しているので…。」という類いの発言をした。

後にそれが上司の耳に入り、干される結果となったのですが、ひとつの場面で人としてどのような行動をとるのか考えた場合にどうしても納得できないことがある。

直球で勝負してきた自分は、まわりからみれば愚かで単なる不器用な男でしかないのかもしれない。
しかし、自己のポリシーを曲げてまで生きてみても、せっかく親から生を授かり名を貰った意味がないような気がしてならない。

自分を貫いた結果がまわりから孤立し、家族をも巻き込み、また多くの苦労を背負うことにもなった。

それでも必死になって生きていたら、不思議と反対に支えてくれる人もあらわれた。

なにもかも諦めかけていた時にあたたかいご支援を頂いた恩は絶対に忘れない。

この、一生「こころに残る人たち」とひとつの絆として、いつまでも繋がっていたい。

同じ魂(こころ)をもつ人たちとのネットワーク。うちのロゴマークにはそんな想いが込められているのです。
2008.08.14 Thu l 想い l コメント (0) l top
今年こそはお墓参りに行く…と決めていた今日の朝、携帯が鳴った。

盆や正月など、大宮からここ群馬へ帰省してくる度に呼んで下さるMさんからだ。

美容関係の事業をしている方で、とてもおしゃれで素敵な女性です。五月の連休に呼んで頂いた時は折り合いが悪く行けなかったので、今回はよろこんで行かせて頂きます。しかも、95歳になられるお母様も一緒に施術してほしいという…。

はじめてお会いしたお母様はみるからに元気な方で、唯一ここ何日か痛いという左足を気にされていました。

時間にして約30分間気持ちを込めて施術させて頂きます。途中、私がずっと中腰でいることをまるで母のごとく、気遣って頂いた。

私はこの瞬間から大量の汗をかきました。

元気で気持ちがしっかりしている方は、いつまでも対等でいることを望んでいる。 この方からみれば自分のような若造から弱者扱いなどされたくないという…。

終わって私は深々と頭を下げました。経過がよければまたお願いするという言葉を頂いて…。
2008.08.13 Wed l 想い l コメント (0) l top
Nさん、昨日は遅くまでありがとうございました。

あなたの協力を得て毎月できあがるものも、おかげさまで連続して結果がでて、また独創的なかたちとしての提案ができています。

昨日、あなたの素顔にはじめて触れた気がします。

恋も仕事もなかなか思い通りにはいきません。しかし、だからこそそれを乗り越えた時に大きな感動があると思うのです。

「私なんか…」という気持ちは絶対捨てたほうがいいと思う。

充分なキャラを持ち合わせているのだから、周囲との比較をやめて自分を貫いて欲しい。

昨日、一瞬みせた悲しそうな顔はとても魅力的でしたよ。(^ー^)
2008.08.12 Tue l 想い l コメント (0) l top
焼酎を煽りながらのインターネット。何気なく、ごく自然に声をかけたが…返ってくる言葉がない。

いなかったんだ…。

部活も休みに入り、今日から、じいちゃん家へ泊まりに行ったんだっけ。

あと何年かすればこんな光景も当たり前になるのかもしれない。

先の三者面談で散々だったテスト結果と進路のことで担任の先生より厳しい言葉を頂いた。

高校すら行かせることが出来ぬのなら…すべての責任は自分にある。今置かれている状況のなかで打開策はあるのか、三者面以降ずっと考えていた。

自分の頑張りだけではどうにもならないし、いちばんの悩みでした。


Sさん、ありがとう。希望がもてました。

このご恩を返すには、私たちも必死になって結果を出すしかありません。

必ずやります。やらせます。
2008.08.11 Mon l 家族 l コメント (0) l top
本日はじめて来て頂いたお客様。礼儀正しい方でこちらのほうが恐縮してしてしまった。

若い男性でパパになる日が近いという…。

男でも、自然な笑みのある人は素敵だ。それだけで子どもに安心感を与えることができる。

うちも加盟している県の子育て支援事業「ぐーちょきパスポート」に関するサービスのことで細かな質問を頂いたのもはじめての事でした。

これも理想をもって始めたことなのでとてもうれしいことでした。

店のアンケートで
好きな言葉は? という項目があります。対しては…

「想像できることは実現できる。」

という言葉を頂きました。なんだか、逆にお客様から元気をもらった気がしました。

今日は長崎原爆の日です…合掌。
2008.08.09 Sat l 日記 l コメント (0) l top