FC2ブログ
なき父への想いを、ひとつのカタチにして残そうと開催した…

「空のコンテスト3」〜メモリーズ(愛しき想い)〜

3月、4月と2ケ月間に渡って大切なもの、かけがえのない人たちとのこころ暖まる瞬間を送って頂きました。

依存から自立、そして独立へ…

人は成長して、いずれは親元を離れてゆくわけですが、そこではじめて繰り返しいわれてきた言葉の意味や、他との比較から、親の人格を知ることになります。

子が巣立って年老いた夫婦は、お互いを助け、支えあいながら生きてゆくことになる。

その殆どを父に依存していた母は、当然にして、私たち子を頼りにするようになりました。

してあげられることは限られている…

その行為が、人からは親孝行と映るのかも知れませんが、私の意識はちょっと違う。

悔いの残る今、してもらったことを元気な内に返したい…とつよく想う。

父が、入退院を繰り返していた昨年12月…

私は資金繰りに行き詰まっていました。

店を休んで、見舞いや送迎をしてあげることはできたものの、支払いに関する条件変更を病院からtelで嘆願するなど、その時状況は、決してよいものではありませんでした。

なにも話してないのに、様子から状況を察したのか、逆に気づかいをさせてしまった。

真の自分を理解してくれる存在など、他にはあるはずもなく、その尊さに改めて気づかされることになった。

父親を…簡単に越えることはできません。

自立に大きくこだわっていた自分が、最後の最後に甘えてしまい、恩も返せぬまま逝かれてしまった…

旅立ちの儀式を終え、入棺の際に父が愛用していた財布を頂く。

あの時、借りたままとなっている\5万円は、どんな形であっても、必ず返したいと思っている。

私にとって大切なもの…

それは、今まで頂いてきた、たくさんの愛。

今の時代に、それをどう伝え、提案してゆくのか…

楽しみながら、やりたいと思う。
2009.05.10 Sun l 空コン3 l コメント (0) l top
GW最終日。あいにくの空模様となってしまいました。

昨日は子どもの日でしたが、私の身体は疲れがMAXの状態にあり、できれば、予定の入っていない今朝くらいは、ゆっくりしたいところでした。

母の赤飯を作るから…

という言葉に従って、そのお返しにと、昨夜から今朝にかけて、ひと足早い母の日を演出した。

ある会社の社長から、現代の事細かく管理された環境下で働く人たちの実態を聞かされて、驚いていたところでもありました。

こころない機械によって人が評価されるなど、"糞喰らえ"なことだと思う。

不器用でも人は、そこへたどり着くまでのProcessから気づき、成長してゆくもの。

すべてを効率よく済ませてしまえば、個性を奪ってしまうことになる。

昨夜、次男がみていた「銀河鉄道999」は、貧しく育った少年が、"永遠の命"を手に入れようと、"機械の身体"を求めて旅に出ることから物語ははじまります。

途中、出逢った人たちとの交流から、その考えは次第に変わってゆくのですが、すべての人が均等になってしまったら、そこに大きな気づきはないと思う。

限りがあるからこそ、懸命になる。

今年の大型連休も、何処へも連れていってあげることができなかった…

友達と、その家族に連れていってもらった帰り道、いつもの笑顔でやってきた。

大好きなCup麺を食して、照れながらも、お客様にお茶を出してくれる姿が私のこころを重くする…

「空のコンテスト3」〜メモリーズ(愛しき想い)〜

ご参加ありがとうございました。

全作品のUPが終了しました。

大切な場面を記憶として残し、また残してもらうため、してもらったことを目一杯にして返したい。

未だ成っていない自分がするそれは、誰かがいっていた"親孝行"とは違うこと。

気づいたことをカタチにして提案したい。

あおぞら施療室は、現代とはかけ離れた不思議な世界…

子どもから大人まで、個性をつないでひとつにしたい。

のちに"大賞"を発表したいと思いますが、そこからひとつのBRANDが誕生する。

実現に向けて、頑張らなくちゃ。
2009.05.06 Wed l 空コン2 l コメント (0) l top
テキサスの丘陵地に沈んで行く夕陽を見たのは、久し振りだった。

南西部では朝晩の気温差が激しい。

行きの航空機のフライトアテンダントは、flatな南部訛りで気だるく話す、陽気なblond娘だった。

黒髪の日本女性を見掛けなくなって久しいが、黒髪の大和撫子に注がれる日本酒の方が、金髪のワンダー・ウーマンに注がれるモルトウィスキーよりも酔える気がするのは、自分がやはり日本人だからかも知れない。


★FUJIYAMA様より、送って頂きました。

2009.05.06 Wed l 空コン3 l コメント (0) l top
仕事で出張した北東北のソメイヨシノ。

青空を背景に満開の枝を揺らす桜の季節…今年は妻と出掛けられなかったなぁ…年々家庭で過ごす時間が持てなくなって行く。

仕事に追われ、すれ違う。残念なことに時間だけでなく言葉数も減って行き…こころがあればカバー出来るはずと信じて、頑張るしかない。

とはいえ大型連休も満足に休みらしい休養の取り方は、出来そうにないけれど…(*´Д`)=з

許せ妻よ!!


★リゲインさんより、送って頂きました。

2009.05.05 Tue l 空コン3 l コメント (0) l top
久し振りに朝まで呑んだ。

しんどい時に酒を逃げ場にする知人に付き合っての席は、楽しくも居心地良くもない。

疲労困憊の明け方、空が白み出す直前に街灯の中で揺れる柳を見ていたら、愉快な酒しか呑まずに過ごした若かりし日々を、懐かしく思い出した。

民希という男がいた。

くだらない事ばかり言って周囲を和ませ、根拠のない自信に溢れ、自分の夢をおおいに語り、年寄り子供に優しく、良い奴だった。

協力者を見つけ出すのが得意で、民希の為なら一肌も二肌も脱ぐ連中をすぐに探し出して来た。


けれどお調子者の彼に呆れて、去って行った人間も少なくはなかった。人当たりが良かったので、集まる人も多かった筈だが、結局のところ最終的に彼には、本当に友達と呼べる人が、どれくらい残ったのか。

夢に向かう真摯な姿勢は、確かに人を惹き付ける。

けれど夢に向かう為の協力者を、かき集め、利用尽くしてしまうのはどうなのだろうか。

協力者と友人は違う。協力者は甘え過ぎて良い対象とは異なるのだと思う。


何をやらかしても笑って許してくれる友人は、身内の様に心地よく甘えさえてくれるだろう。

しかし協力者は、善意で力添えしてくれる言わば情の提供者だ。夢を共有出来る仲間を多く獲得し、協力者にも愛情を傾けて一緒に夢を追うのであれば、彼の夢は実現したかも知れなかった。

自分の周りで起きて居たことを、もう少し冷静に判断する力を民希が持っていたら…また、自分はこれで良いのだ、とする頑固さの中に、もう少し他人の考えや感情の機微を察知出来る心の襞のようなものを持てて居たら、酒を逃げ場にする人生に至る事もなかっただろうに…と思う。

得てして夢追い人は、自分の抱くビジョンに一生懸命であるが故に、周囲を巻き込む度合いに自覚が乏しい。

自らがこうであるのだから他者も同様だ…と考えるのは甘えだし、自己の夢の実現化に他者を巻き込んでも、そこに犠牲を強いるべきではない。


ゆらゆらと新芽を風になびかせる柳の枝を見ていたら、しなやかなバランス感覚で青春を謳歌していた頃の民希を思い出した。


★早紀さんより、送って頂きました。

2009.05.04 Mon l 空コン3 l コメント (0) l top
ウ"ィオラ奏者の友人がいる。楽団に所属し、クラッシックに造詣が深く、歌謡曲も楽しんで「メロディーは脳と心の両方にエネルギーを注いでくれる」のだと言う。

音楽は良い。

私は音楽で自身がニュートラルになれる。ウ"ィオラ奏者は「音楽は活力」だというが、私にとっての音楽は癒やしだ。

癒やされる物や場所を多く得られると、このストレス社会も乗り切れるのではないかと思う。

それが明日への活力になる。


★Mrs.ロビンソン様より、送って頂きました。

2009.05.03 Sun l 空コン3 l コメント (0) l top
なぜか、私に敵対心を燃やすYさんがやって来た。

責任感がつよく、物事を完璧にこなそうとする彼女にとって、私の言動はいい加減に映るらしい。

意識して身につけたこの余裕も、安心を与えられることもあれば、向き合う相手をイラつかせることもある。

ものの見方は、人それぞれに違う。

気まぐれな言動が誤解を招き、自分自身を苦しめた…

疑心暗疑な行動は、展開を遅らせます。

信頼があるからこそ、すべてをみせたい。

あおぞら施療室、3年目の夏を迎える今年…

7月には、その"信頼"をカタチにしたいと思う。

今はまだ、私のこころにしかない計画ですが、

実現させる為に、必要な"協力者"は、すでに決めてあるのです。
2009.05.03 Sun l メッセージ l コメント (0) l top
少林山で撮影をしました。宜しくお願いします(^ー^)


★オレンジM'Sさんより、送って頂きました。

2009.05.02 Sat l 空コン3 l コメント (0) l top
真摯に向き合うその姿勢から、感動を貰えるのがアマチュアスポーツなら…

人気商売ともなるプロスポーツは、ファンの興味をひく演出も重要で、個性を生かしたさまざまな工夫が求められます。

プロ野球中日ドラゴンズの落合監督は、現役時代も数々の実績を残しました。

特に印象深かったのは、三冠王を獲った後、多くのマスコミを前に「俺はたいした練習はしていないから…」といったポーカーフェイスでの発言でした。

人前で苦労をみせず、陰では人一倍努力して結果を残す。

これぞ、男の美学であるし、演出によって魅せるといった意味では、最高のエンターテイナーだと思う。

後に語り継がれる"名選手"となるには…

並大抵のことでないのは確かです。

迷える猫がこころ憎い演出をしてくれた…

日頃の強気はなりを潜め、今までみたこともない優しい笑顔が印象的でした。

人は、経験を積み重ねて大人になってゆく…

その想いが継続された時、はじめてコラボが成立する気がする。
2009.05.02 Sat l 想い l コメント (0) l top
メリーゴーランドは単純な仕掛けながら、遊園地には欠かすことの出来ない乗り物ではないかと思うのです。

男の子も女の子も、馬に跨り、馬車に乗り、王子様やお姫様になって、回転の外で待つ両親に笑顔で手を振ります。

それなのに、子供の頃のトラウマで、いまだに怖くて仕方ないメリーゴーランド。

一周した先に、手を振り返してくれる親が、探せど探せど見つからなかった時の、あの気持ち。

不安と焦りと、止まってくれないメリーゴーランド。賑やかに鳴り響くBGM。置き去りにされたと感じた時の絶望感。泣き叫びながら親を呼び続けました。


あれは最悪でした。

蓋をあければなんて事ない、動いている間は心配無いだろうと、妹をトイレに連れて行った母に、車まで妹の着替えを取りに戻った父。

彼等のあの一瞬の判断で、遊園地嫌いの娘がここに誕生した訳です。

今でもあの、蓄音機に回し掛けたような大音量のオルゴールの音を聞くと、焦燥感に駆られます。悪夢です。


まぁ思い返せば実のところ、置き去りにされても仕方ない位、やんちゃで訊かない子供だったのは事実ですが。

あれが私の、本来楽しい筈の遊園地での、最初で最後の記憶です。


★親ゆび姫様より、送って頂きました。

2009.05.01 Fri l 空コン3 l コメント (0) l top