FC2ブログ
書きかけの手紙も出せぬまま…

時は過ぎて行きます。

やることが多すぎるのか、こころが充実してない為なのか思うように言葉はでてきません。

そんな状況のなか、思いが想いを呼んでくれたのか遠く離れた地からもその"オモイ" は届いたのです。

ある方の熱烈なファンの方からお手紙を頂戴して、一緒に送られてきたものは別の方が綴られたこころ暖まるエッセイでした。

知ることのなかった一面に驚きつつも、どこか別の世界へ行ったあとに関わりある方たちを通して、想いを届けてくれるのだから不思議なものです。

展開は自然と生まれ…

今、置かれている立場のせいか、やけに気になっていた叙情歌は日本の伝統楽器によって運ばれた。

あの方とやりたかったことが、早くも実現しそうな気配です。

2009.12.12 Sat l 想い l コメント (0) l top


個性をもって美を創造する・・・

face02誰もがアーティスト!!

オフィシャルTシャツ製作中。

詳しくは、HPにて。
http://www.dan-b.com/aosora/

2009.12.11 Fri l お知らせ l コメント (0) l top
二度寝ではありましたが…

(^O^)v定休日だった本日は、久しぶりに爆睡することができました。

午後は有り難いことにお仕事させて頂いて、夕方からは怒涛のごとく実家の用で飛びまわりました。

日頃、母をサポートしてくださる方へ届けものをするなかで、謙遜していわれたひとりの言葉が気になった…

息子がやるのは当たり前。

父がしていたことを今、私がやっているのだから、聞こえてくる「…も似てきたね。」

という声も本当なのかもしれません。

2009.12.09 Wed l 日記 l コメント (0) l top
昨日の風が嘘のようで、本日は穏やかな一日となりました。

インナーも半袖では厳しくなってきたこの頃は、年齢を感じずにはいられませんが、

家に帰ってTシャツ姿の息子たちをみては元気をもらっています。

昨シーズン家では、一度としてストーブに火を点けることなく冬を過ごすことができました。

日々の健康に感謝する一方で昨夜、就寝中につった足はシグナルだったのか、

今朝早くからのウォーミングupを終えると、(_ _).oO再び横になってしまった私です。

継続する努力が進行してゆくものを遅らせる。

空をみていたら、ますます力が湧いて熱くなってきた。

個性をもって美を創造する…

そんな想いから、あるものができあがろうとしています。

(^ー^)近日、発表致します。
2009.12.08 Tue l 想い l コメント (0) l top
昨日の天気が嘘のようで、本日は大好きなあおぞらに包まれた最高の一日となりました。

役割も増え、家事や仕事に追われた一年も振り返ればあっという間の出来事です。

昨年の今頃は、父も入退院を繰り返しており、店をよく留守にしては送迎をしていたものでした。

ご住職の話からも、大切な人を失ったことに哀しむだけでなく、日々感謝の気持ちをもって与えられた尊い命を燃やさなければならないのだと改めて感じました。

身体は程よく締まり、魂(こころ)もパンパンに膨らんできた。

明日からはまた、新たな年のはじまりです。

(^ー^)しっかり前を向いて、歩いて行きますか。
2009.12.06 Sun l 家族 l コメント (0) l top
おはようございます。

本日は、臨時休業させていただきます。

17時以降のご予約でしたら対応致しますで、ご連絡ください。

2009.12.06 Sun l お知らせ l コメント (0) l top
人間に欲がある以上、大きな組織になれば腐敗部分は複雑となってみえてくる。

目の前で起こる展開にどう向きあって行くか…

沈黙していた間にも、介護現場の実状を知らされたり、大病を患う方からの世にたいする矛盾などを聞かされていた。

昨日みえたNさんは、ご両親にも負けない芯のつよさをもった方で、先を見据えたその生き方に感銘を受けました。

権力や利権の争いに巻き込まれ、犠牲になった方たちは数多くいると思う…

そんな方たちを慰めようと、広く活動していた方の演奏には魂が入っていた。

趣味や片手間でやっているものとは違う本物だからこそ、力をお借りして共にやっていきたいことがあったのです。

映画「沈まぬ太陽」をみて…

主人公の娘がいった
「なぜ、お父さんは怒らないの?」

…という場面がつよく印象に残っている。

自分の信念を貫く上で犠牲となるのは家族であり、どれだけ想っていたとしても理解を得られなければ、その関係は複雑となる。

自責の念からも失くしたくないから我慢して、守りたいから怒らずにいた。

互いを思いやり、支え合うのが夫婦なら…

我が子の言動をしっかりみて、応えてあげるのが親なのだろう。

昨夜、子どもと作った餃子は格別だった。題材となるものは何でもいい。

絆を深める、あたり前の光景を継続させるためにもがんばりたい。

こころから笑って、想っては泣ける関係をもっていられるのは幸せなこと。

人が人として一番輝けるのは、そこにしかない気がするのです。
2009.12.03 Thu l 想い l コメント (4) l top