FC2ブログ
人前で恥もなく、不平不満をいっては争う姿を何度もみた。

こころのどこかで見返りを期待していたのか、提供されたものは好意とは違う、別のものでした。

家族や恋人でもいい、わだかまりなく無償の愛を与えられたことはあるだろうか…

自分自身に問いかけてみることから、その人はみえてきます。

先日、小学3年までを家族と過ごした懐かしい場所へ行く機会に恵まれた。

嬉しいことに、その家は当時のまま残されていたのです。

いわゆる後継ぎでなかった父は、自らが道を拓いてはたくさんの想い出を残してくれた。

映画「異人たちとの夏」をみて、改めて確認することができました。

暖かな家庭は一生の想い出であり、自分にとってはいちばんの財産です。

我が子をどんなことがあっても守りたい。

絶望から再建した広島の街には、つよい想いが残されていて、命をつないでゆくことの大切さを学ばせていただきました。

八月も終わろうとしています。

今年の夏は、なぜか"暑い"という言葉を口にすることができませんでした。


合掌。





スポンサーサイト



2010.08.28 Sat l 広島 l コメント (0) l top
人前で恥もなく、不平不満をいっては争う姿を何度もみた。

こころのどこかで見返りを期待していたのか、提供されたものは好意とは違う、別のものでした。

家族や恋人でもいい、わだかまりなく無償の愛を与えられたことはあるだろうか…

自分自身に問いかけてみることから、その人はみえてきます。

先日、小学3年までを家族と過ごした懐かしい場所へ行く機会に恵まれた。

嬉しいことに、その家は当時のまま残されていたのです。

いわゆる後継ぎでなかった父は、自らが道を拓いてはたくさんの想い出を残してくれた。

映画「異人たちとの夏」をみて、改めて確認することができました。

暖かな家庭は一生の想い出であり、自分にとってはいちばんの財産です。

我が子をどんなことがあっても守りたい。

絶望から再建した広島の街には、つよい想いが残されていて、命をつないでゆくことの大切さを学ばせていただきました。

八月も終わろうとしています。

今年の夏は、なぜか"暑い"という言葉を口にすることができませんでした。


合掌。





2010.08.28 Sat l 広島 l コメント (0) l top
















被爆してから10年経って、白血病を患った佐々木禎子さんは12才で亡くなりました。

千羽折れば元気になる。と信じて折り続けた鶴は、平和の象徴として世界に広がっています。




禎子さんが生きた4675日


















にほんブログ村 リラクゼーション
2010.08.27 Fri l 広島 l コメント (0) l top
















被爆してから10年経って、白血病を患った佐々木禎子さんは12才で亡くなりました。

千羽折れば元気になる。と信じて折り続けた鶴は、平和の象徴として世界に広がっています。




禎子さんが生きた4675日


















にほんブログ村 リラクゼーション
2010.08.27 Fri l 広島 l コメント (0) l top
icon01パワースポット!? 厳島・・・




















































































にほんブログ村 リラクゼーション
2010.08.26 Thu l 広島 l コメント (0) l top
icon01パワースポット!? 厳島・・・




















































































にほんブログ村 リラクゼーション
2010.08.26 Thu l 広島 l コメント (0) l top
夏休みもいよいよ大詰めです。

一日の献立から栄養を調べるというのか…

(^O^)v今日は昼食を撮影。

お中元にいただいたさぬきうどんと昨夜の残りごはんを使ったチャーハンです。
2010.08.25 Wed l 日記 l コメント (0) l top
夏休みもいよいよ大詰めです。

一日の献立から栄養を調べるというのか…

(^O^)v今日は昼食を撮影。

お中元にいただいたさぬきうどんと昨夜の残りごはんを使ったチャーハンです。
2010.08.25 Wed l 日記 l コメント (0) l top
















被爆してから10年も経って、放射能による白血病が12才の少女の命を奪いました。

8月6日の朝、当時2才だった佐々木禎子さんは、爆心地から2キロ離れた家の中で爆風に吹き飛ばされます。
ただ、その時怪我はありませんでした。

ところが、小学6年生になった1955年2月、突然、原爆症が出て赤十字病院に入院したのです。

級友が見舞いに行くと、彼女はベッドに寝たまま薬の包み紙で鶴を折っていたそうで、「そんなに折ってどうするの?」と尋ねると、「鶴を千羽折ったら願い事がかなうっていうでしょ。早く退院したいから」と答えたそうです。

入院したまま中学生になった禎子さんは、2学期になった10月25日、亡くなりました。

この像は、禎子さんの死をきっかけに級友たちが中心となって、原爆で死んだ禎子さんやたくさんの子どもたちを慰めようと、また恒久平和を世界に呼びかけるために作られたものです。

1956年1月18日、広島市内の小・中・高校から募金が始まって、呼びかけは急速に全国へ広がったそうです。
海外からも支援の手はさしのべられ、2年経った1958年5月5日「こどもの日」に除幕されたのです。


これは、ぼくらの叫びです
これは、わたしたちの祈りです
世界に平和をきずくための


折り鶴を手にかざした子どもたちの下にある御影石の碑には、こう刻まれてます。


にほんブログ村 リラクゼーション
2010.08.24 Tue l 広島 l コメント (0) l top
















被爆してから10年も経って、放射能による白血病が12才の少女の命を奪いました。

8月6日の朝、当時2才だった佐々木禎子さんは、爆心地から2キロ離れた家の中で爆風に吹き飛ばされます。
ただ、その時怪我はありませんでした。

ところが、小学6年生になった1955年2月、突然、原爆症が出て赤十字病院に入院したのです。

級友が見舞いに行くと、彼女はベッドに寝たまま薬の包み紙で鶴を折っていたそうで、「そんなに折ってどうするの?」と尋ねると、「鶴を千羽折ったら願い事がかなうっていうでしょ。早く退院したいから」と答えたそうです。

入院したまま中学生になった禎子さんは、2学期になった10月25日、亡くなりました。

この像は、禎子さんの死をきっかけに級友たちが中心となって、原爆で死んだ禎子さんやたくさんの子どもたちを慰めようと、また恒久平和を世界に呼びかけるために作られたものです。

1956年1月18日、広島市内の小・中・高校から募金が始まって、呼びかけは急速に全国へ広がったそうです。
海外からも支援の手はさしのべられ、2年経った1958年5月5日「こどもの日」に除幕されたのです。


これは、ぼくらの叫びです
これは、わたしたちの祈りです
世界に平和をきずくための


折り鶴を手にかざした子どもたちの下にある御影石の碑には、こう刻まれてます。


にほんブログ村 リラクゼーション
2010.08.24 Tue l 広島 l コメント (0) l top