FC2ブログ
長さ20~30cm、幅3~10cmの葉で強いにんにく臭を放ち、地下にラッキョウに似た鱗茎を持つ。葉は根生、扁平で下部は狭いさやとなる。

初夏、花茎の頂端に、白色または淡紫色の小花を多数つける。種子のほかにも不定芽でも増殖する。

生育速度が遅く播種から収穫までの生育期間が5年から7年と非常に長いことから、希少な山菜とされ、市場に出回っているものは少量にもかかわらず高値で取引される傾向にある。

ギョウジャニンニクという名前の由来は、山にこもる修験道の行者が食べたことからとも、逆にこれを食べると滋養がつきすぎて修行にならないため、食べることを禁じられたからともいわれている。

行者にんにくとは、ユリ科の多年草で、アイヌネギともいう。

(ウィキペディアより、引用。)

血液さらさら効果の
行者にんにく

face01¥600にて
販売中mark02

詳しくは・・・

hare01あおぞら施療室
tel027(363)9000まで。



にほんブログ村 リラクゼーション
関連記事
スポンサーサイト



2011.05.09 Mon l 六合村 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿