FC2ブログ
熊谷市 プリティチイさんより。


心の師だ!と 思っていた人が亡くなり 数ヶ月後の朝。

暗い曇の空に 憂鬱な思いでいたら… 師の親友だった方から [こんな暗い曇空でも、彼なら、「曇空も…また良し」と、きっと言うと思います]と メールが届いた。

今を受け入れ、今を生きる。
亡くなっても やはり 私の心の師だ。

そんなふうに 感じさせて くれる 師の親友に感謝している。



hare01亡くなる1ヶ月前だったかな・・・
たしか5月、高崎江木町の敬斎寺でコンサートが決まったからと、打ち合わせに行く途中に寄ってくれたのです。

ジャケットを羽織っては、あのサムライヘアもきっちり整髪されてね。
本当にいい顔つきをされてました。

その前に”音楽一本でやってゆく”ことを聞かされていただけに覚悟はあったのでしょうが、きっかけ作りにも積極的に参加してはあちこち飛びまわっていたのでしょう。

今考えればメッセージだったのか、亡くなる2日前に本人から送られてきたメールはそのタイトルに「窓の外はあおぞら」
本文には、不思議な画像がありました。♪D.H.P Mitsuyoshi 

もう、締切は過ぎているにもかかわらず・・・
(^○^)品田さんらしいなと。

今も、少年のような瞳で語るあの姿を思い出します。


空まにあへのエントリーは

こちらをクリック!!



にほんブログ村 リラクゼーション
関連記事
スポンサーサイト



2012.12.24 Mon l 空まにあ l コメント (2) l top

コメント

 その お寺のコンサート 私 行きました。
2012.12.30 Sun l プリティチィ. URL l 編集
>プリティチィさん
コメントありがとうございます
。技術云々でなく、そこに魂が入っているかどうか…
私はそこしかみえない。
2013.01.02 Wed l セラピストm. URL l 編集

コメントの投稿