FC2ブログ
「小さな空」
横浜市 石井美千代



枯れ葉舞い散る晩秋初冬の季節。
穏やかな小春日和です。

武満徹の名曲「小さな空」を聴きながら、小さな青空を見上げています。
武満徹の詩のなかによく「空」や「雲」が登場しますが、なかでもこの「小さな空」は大好きな曲。・

数年前の暑い夏の日、草木湖のほとりで、レパートリーをいっぱい持っていたはずの品田さんに、この「小さな空」をリクエストしたら「ごめんなさい、この曲知らないんだ」と、申し訳なさそうに謝られたのも、今では懐かしい出来事。

武満さんも品田さんも今はもう決して手の届かない、遥かな天空の彼方で、どんなメロディーを奏でているのでしょうね。






hare012008年11月、この空マニアの前身である空のコンテスト2が朝日新聞に掲載されました。

そこに参加してくれた品田光美さんとはじめてお会いしたのが2009年の2月1日。

エントリー№14で登場したあさみ笑子さんと、その文章を絵にするたかいそらさんの作品がここ、あおぞら施療室に展示されているのを知って足を運んでくれたのです。

名刺交換をした後に、それぞれの想いを語り合いました。
かれこれ、3時間近くの時を共有したと思う。

店をはじめてから月日も浅かったし、それより年上の男性が夢を追うその姿に勇気をもらったものです。

その後、彼は車から楽器を持ち出して、さまざまな♪メロディーを奏でては聞かせてくれたのですが・・・

最後に楽器の名まえを聞けば、「あぁ・・・」

この方が、空のコンテスト2に送られてきたメール送信者なのだと、はじめて知らされたのです。


空まにあへのエントリーは

こちらをクリック!!



にほんブログ村 リラクゼーション
関連記事
スポンサーサイト



2012.12.23 Sun l 空まにあ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿