FC2ブログ
秋も近づき涼しくなった頃、ふいに思い出すひとがいる。

若かりし頃、某俳優が経営していた飲食店でアルバイトしていた時に知り合ったAさんだ。

当時私はフリーターの身で、昼は別の仕事をもっていたので、その店では夜専属で働かせてもらっていた。

一方、彼女は大手電気メーカーの社員で会社には内緒で週二回バイトにきていた。

時代がよく、浮かれたTVドラマが流行りで、まだ若く実体のない我々はおおいに影響を受けた。今井美樹と同じ髪形をして聞き覚えのある言い回しをつかっての会話…

今おもえば、あの時はあの時で真剣だったけど、ただ、その場面に酔っていただけだったような気がする。それを演じる相手は誰でもよかったような…

思い出されることの多くは彼女自身というよりは出来事。

その後、田園都市線溝の口にあったその店は駅前開発によって閉店することになり、いろいろ重なった私も地元へ帰ることに…

最後の日に二人で三軒茶屋の古い映画館で何か月遅れかでやっていたゴースト〜ニューヨークの幻〜をみた。

今でもこの映画をみると、当時のことが鮮明に甦ってきます。
関連記事
スポンサーサイト



2008.08.24 Sun l 想い l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿