FC2ブログ
今日は父の命日でした。

またしても、雲ひとつないあおぞらに包まれて暖かな気持ちでいられます。

嫌なことが続くと、無性に故郷が恋しくなる。

寛大で理解のあった父親は、とても大きな存在でした。

見てないようで、見てくれているのが親なのでしょう。

昨年、旅立つ前にまねきねこと一本の鉢植えを持ってきてくれた。

30年もの間、実家にある元の木は、今年はじめてつぼみをつけたのです。

その木を前に、母から聞かされた話を思い出すと、今でもやりきれなくなってしまう…

最後の言葉も聞けず、何もしてあげられないうちにいかれてしまったことが今、私のテーマになっているのですが、事は思うように進みません。

1年が過ぎ、天空へはもう、到達できたのでしょうか。

ちっぽけなことで悩み、苦しむ息子の姿を空からみては笑っているのでしょう。

(^ー^)自分にしかできないことを自分のやり方で、目一杯やればいいんだよね。
関連記事
スポンサーサイト



2009.12.29 Tue l 想い l コメント (2) l top

コメント

セラピストmさん
 
 はじめまして、「紅音の瞑想生活」からのリンクです。瞑想生活のコメントを読ませていただいていると、何かあなたの心の暖かさを感じます。
 
 そのように、辛い思いがあったからこそわかる事が有るのかも知れません。
 天に居られる、お父様も空を見ての通り喜んで居られる事と思います。
 私は、最近良い言葉を知りました。
 「これでよくなる。
 だからよくなる。
 さらによくなる。」
 斉藤一人著書より
 「天に居られる、お父様も喜んであなたの成長を見守って居られることと思います。」
 
 「お父さんありがとう、と言ってあげたらもしかして聴いて居られるかも知れませんね??。」喜んで居られる事と思います。
 PS 「あなたにとってすべての良きことが雪崩のようにおきます。」斉藤一人著書より
 
2009.12.30 Wed l yoshi. URL l 編集
yoshiさん。
はじめまして。
m(__)mコメントありがとうございます。
多くの方のブログを拝見していると、いろいろ気づきがありますね。
なかでも、自身表現の手段をもつ方のサイトには大きな関心をもってしまいます。
自分のPCに、お気に入り登録しているブログのほとんどは、家族愛を感じるサイトがほとんど占めているのです。
2010.01.01 Fri l セラピストm. URL l 編集

コメントの投稿