FC2ブログ
マイケル・ジャクソン愛と哀しみの真実が放送された昨日、来春に高校受験を控える息子を連れて、ある学校へ見学に行きました。

豊かな自然のなかに佇む同校は、長くに渡って地域の方から守られてきたという。

独自のカリキュラムをもった学習のほか、人としての成長を促すため、さまざまなボランティア活動も積極的に取り入れているのが特徴です。

どんな目的をもって高校生活を送ろうとしているのか…

人物を重視するという採決には、面接試験が二度行われます。

たとえ現在、不登校であったとしても、しっかりした目的意識があれば、受け入れる用意はあるのだと。

近くにはコンビニもなく、最寄りの駅から徒歩15分というロケーションは、後の3年間を振り返った時、よい想い出となるのは間違いないでしょう。

ともだちや部活が大好きで、休むことなく通う息子にとっての問題は他にありそうですが、

私のいった言葉を誤解されたのか、担当の方からいわれた「面接では地がでないように…」という言葉にため息がでた。

本来の姿を出さずして、その子の良さははたして伝わるのだろうか…

夜になってマイケルの番組をみていたら、私のこころはより、複雑となったのです。

関連記事
スポンサーサイト



2009.12.17 Thu l l コメント (2) l top

コメント

息子さん、受験なんですね。
去年、息子と高校見学に行ったのが、昨日のことのように思い出されます。
月日はあっというまですね。
短い面接では、なかなか子どもも緊張しすぎたりしますね。 今、インフルエンザが流行ってるときなので、気をつけてくださいね。
2009.12.18 Fri l 夢和音. URL l 編集
夢和音さま。
子どもの成長はほんと早いものですね。
幼い時のイメージがつよくて、なかなか相応の接し方はできませんが・・・
同じ目線でやったつもりの言動でも、さめた見方をされたり。
私、インフルには今までやられたことはないのですが、社会問題になるほど流行っているので心配ですよね。
夢和音さんはじめ、ご家族の方は大丈夫ですか?
これからは、季節性インフルにも注意が必要です。
身もココロも軽くして、特に粘膜は鍛えておきますか。
2009.12.19 Sat l セラピストm. URL l 編集

コメントの投稿