FC2ブログ
満たされない現実があるから理想を追う。

目の前に現れる人に幻想を抱いては、協力を求めてしまう私…

もちろん、その多くは現実的主義者であって、すぐに結果を求められることは、現代では普通なのかもしれない。

母に頼まれ、一緒に買物へ行った時のこと。

店員とのやりとりを楽しんだ後、値引をしてもらった。

その光景に…

母は笑い、よく知る少年は「考えられないこと。」だといった。

なにせ少年は、買物の際、店員との会話を必要最小限にしたいのだという。

たくさんの電話番号が並ぶ、ある会社に電話をすれば、自動音声での応対ばかり。

ことが済んでも物足りなさは残り、記載の番号に片っ端からtelした。

ようやく、つながった"人間"を相手に、機械で済ませたことを、もう一度行う。

不自然なものから貰える感動はない。無理して合わせるから身体は歪む。

こころを解放して、自然体でいきたい。

今や過去より、これからのことを語れる仲間がほしい。

先進国の子どもより、発展途上にある国の子どもたちのほうが、輝いてみえる意味がわかった気がする。

また、また、実現させたいことが増えた。
関連記事
スポンサーサイト



2009.05.15 Fri l 想い l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿