FC2ブログ
GW最終日。あいにくの空模様となってしまいました。

昨日は子どもの日でしたが、私の身体は疲れがMAXの状態にあり、できれば、予定の入っていない今朝くらいは、ゆっくりしたいところでした。

母の赤飯を作るから…

という言葉に従って、そのお返しにと、昨夜から今朝にかけて、ひと足早い母の日を演出した。

ある会社の社長から、現代の事細かく管理された環境下で働く人たちの実態を聞かされて、驚いていたところでもありました。

こころない機械によって人が評価されるなど、"糞喰らえ"なことだと思う。

不器用でも人は、そこへたどり着くまでのProcessから気づき、成長してゆくもの。

すべてを効率よく済ませてしまえば、個性を奪ってしまうことになる。

昨夜、次男がみていた「銀河鉄道999」は、貧しく育った少年が、"永遠の命"を手に入れようと、"機械の身体"を求めて旅に出ることから物語ははじまります。

途中、出逢った人たちとの交流から、その考えは次第に変わってゆくのですが、すべての人が均等になってしまったら、そこに大きな気づきはないと思う。

限りがあるからこそ、懸命になる。

今年の大型連休も、何処へも連れていってあげることができなかった…

友達と、その家族に連れていってもらった帰り道、いつもの笑顔でやってきた。

大好きなCup麺を食して、照れながらも、お客様にお茶を出してくれる姿が私のこころを重くする…

「空のコンテスト3」〜メモリーズ(愛しき想い)〜

ご参加ありがとうございました。

全作品のUPが終了しました。

大切な場面を記憶として残し、また残してもらうため、してもらったことを目一杯にして返したい。

未だ成っていない自分がするそれは、誰かがいっていた"親孝行"とは違うこと。

気づいたことをカタチにして提案したい。

あおぞら施療室は、現代とはかけ離れた不思議な世界…

子どもから大人まで、個性をつないでひとつにしたい。

のちに"大賞"を発表したいと思いますが、そこからひとつのBRANDが誕生する。

実現に向けて、頑張らなくちゃ。
関連記事
スポンサーサイト



2009.05.06 Wed l 空コン2 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿