FC2ブログ
















被爆してから10年も経って、放射能による白血病が12才の少女の命を奪いました。

8月6日の朝、当時2才だった佐々木禎子さんは、爆心地から2キロ離れた家の中で爆風に吹き飛ばされます。
ただ、その時怪我はありませんでした。

ところが、小学6年生になった1955年2月、突然、原爆症が出て赤十字病院に入院したのです。

級友が見舞いに行くと、彼女はベッドに寝たまま薬の包み紙で鶴を折っていたそうで、「そんなに折ってどうするの?」と尋ねると、「鶴を千羽折ったら願い事がかなうっていうでしょ。早く退院したいから」と答えたそうです。

入院したまま中学生になった禎子さんは、2学期になった10月25日、亡くなりました。

この像は、禎子さんの死をきっかけに級友たちが中心となって、原爆で死んだ禎子さんやたくさんの子どもたちを慰めようと、また恒久平和を世界に呼びかけるために作られたものです。

1956年1月18日、広島市内の小・中・高校から募金が始まって、呼びかけは急速に全国へ広がったそうです。
海外からも支援の手はさしのべられ、2年経った1958年5月5日「こどもの日」に除幕されたのです。


これは、ぼくらの叫びです
これは、わたしたちの祈りです
世界に平和をきずくための


折り鶴を手にかざした子どもたちの下にある御影石の碑には、こう刻まれてます。


にほんブログ村 リラクゼーション
関連記事
スポンサーサイト



2010.08.24 Tue l 広島 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿