FC2ブログ
昨日は息子のワーク教室がありました。

行きの車内では、仕事を抜けてくる私を気遣い、現状における多くの不満を口にしていた。

「坊主」かと思っていたら、知らぬ間に成長しているものです。(^ー^)

今日はテストがあるとのことで、暗い車内の中でもノートの余白を埋めていたのにはびっくり。

迎えに行った先には、スッキリした顔をして浮かれたように話す、彼本来の姿がありました。

たった、一ヶ月半くらいで、ここまで変われるものか…

夏の三者面談で、はじめて息子の現状を知った。

この時は仕事での計画も思うように進まず、そこに追い撃ちをかけるように身内の裏切りがトドメを刺そうとしていた…

「どうでもいいや。」という状況のなか、救ってくれたのがSさんでした。

特別な条件で息子の学習をみてくれることになったのです。

Sさんから、この時言われた「13年間放っておいたのだから…。」という言葉がずっと私のこころに残っている…

親としての義務を果たせなかったら、その責任をどう取ればよいものか。

今は、できることすべてを継続してやっていくしかない。関わった人たちにも助けられっぱなしで終わるわけにもいかないし。

時代の流れで人と人のつながりが希薄になってゆく…

コミュニケーションは直に向き合うことが大切だけど、闇の部分が大きいネットも補助的な使い方をすれば、そのつながりはより豊かになる気がする。

そんな想いから開催する「空のコンテスト2」〜魂(こころ)を朱に染めて〜

ぜひ、ご参加ください。自分の想いを伝え、シェアしよう。
関連記事
スポンサーサイト



2008.10.22 Wed l 空コン2 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿